昔取ったポカリスエット柄

読んだ本の感想とか、日常の出来事や考え事を書いていくタイプのブログ。

2015年の麻雀

スポンサーリンク

2015年

2015年の麻雀の話。記憶に残っている場面を3つ。

1

一つ目と二つ目は3月、私がかつて所属していたmjktという麻雀団体のリーグ戦決勝での話。

sensyu.hatenadiary.jp

上のようなブログ記事を少し書いて結局最後まで書ききらなかったんですが、結局この対局は、決勝8回戦やってfちた君が優勝。

決勝開始時点でトップと200pt以上離れていたものの、ただ、なすすべなくやられたわけではなく、午前中4回戦までで3トップ1回3着で100pt以上荒稼ぎ。

その中の一場面。 午前中の3着の半荘だった局。オーラス、2着目の親まで3900出和了or700-1300ツモ条件。トップ目は遠く離れている。

バラバラの配牌から仕掛けて

12m99p123s 123pチー879pチー ドラ5p

役牌は枯れ、イッツーと両天秤で進めたこともあって、チャンタというよりイッツー風の河。3mは盲点の待ちだ。

9巡目、ここにツモ1m。 こういうのは迷っても待ちがばれるだけとすっとツモ切ったものの、その瞬間、トップ目からの差し込み期待で2mを切ったほうがよかったと気づいた。トップ目かつトータルトップ目のfちた君から2着目かつ当面のライバルである神芝居さんの着順を落とすべく差し込みが期待できる局面。 結局、その局はじろけんさんによる素点稼ぎの満ツモで終局となったはずだ。――結果論になるが、fちた君からは差し込み風の牌がしばらく降りてきたし、じろけんさんは1mをツモ切った。局面把握が甘かった一場面だった。

2

それから午後、6回戦目。上位の神芝居さん、fちた君が午前からの接戦を続けている一方、そのどちらともトップラス一回でトータル順位が入れ替わる位置まで追い上げていた。

そして南3局の時点で、満貫ツモでトップ目に立てるところまで肉薄。着順こそラス目じろけんさんであったが、ここでトップを取れば、並び次第ではトップ1回でも優勝という場面だった。

タンピン赤のイーシャンテン。7巡目に何気なくツモ切ったドラの白がラス目のじろけんさんの白ドラ3に刺さる。

自分が勝つためには避けようのない放銃ではあったが、この半荘の3着で優勝の気配が一気に遠のいた。

結局、7回戦目にじろけんさんの9万点を超える鬼の大連荘もあり、以下のような推移で決着となった。

f:id:sen_syu:20160101121719p:plain

※1.s1~s5が予選リーグ(1節4半荘)、s6~s7が準決勝リーグ(1節4半荘)、f1~f8が決勝。 ※2.決勝1~3回戦は自分で記録をとっていなかったので横ばいになってます。

うーんあんまり惜しくないな。

3

3つ目はつい先日、RMUワンデーでのこと。 この日は一発赤裏なしのBルール。30000持ち30000返しの5-15を4回戦やって92名中上位16名が点数持ち越しで準決勝1回戦を行い、上位4名がポイントを半分にして決勝1回戦という大会だ。

自動手勝負、表ドラ勝負の運要素が強いルールだが、他のルールよりも誰が何を狙っているかわかりやすく、普段できない大胆な手役狙いができる一方で、ケイテンの価値が非常に高いので、割と好きなルールだ。 この日は南場に入ってから手が入り、ずるい着順上昇を繰り返した。予選は1121、4回戦のオーラスでは0本場に親に3900を放銃するも1本場、四暗刻単騎を出和了して今日はいけるんじゃないかという思いと共に予選2位突破。 決勝ボーダーを90~100程度と読み、自分が112pt持っていることを考えれば、場合によっては20000点持ち3着の▲15ptでも準決勝に残れるんじゃないかという好位置。

ラスさえ引かなければという準決勝東1局南家、ドラ8p。

5巡目、44567p2345m2389s ツモ1sでテンパイ。

対面の表裏裏さんが早い巡目で役牌を一鳴きしている以外に動きはない。表裏裏さんは大トップ条件だったので、ドラドラの3900はありそうな仕掛け。 一度打8sでテンパイを外したところツモ5p、打9s、次巡ツモ4pで望外の四面張テンパイ。これをリーチとしたところ数巡後に持ってきた3mで表裏裏さんからロンの声。ドラ暗刻で8000。*1

局が進んでも、オーラス0本場にツモ直で24000点持ち3着に浮上できるタンヤオドラドラが入ったくらいであとはたいした手が入らず、13400点持ちラスで終了。

対局後、それはリーチで正しいだろうという声があったものの、今はダマの方が良かったのではと考えている。形だけ捉えれば条件を考慮してもリーチなのだけれど、3-6pなら平和でダマでも出和了でき、役がないほうはドラ筋で出にくい、加えて3pが表裏裏さんの現物で二枚切れであった。

単なる3-6p平和なら絶対ダマを選択する局面だっただけに、かなりダマ寄りだった。テンパイ外しがうまくいって昂ぶってしまったかもしれない。まあ、この日の麻雀の内容自体はそれほど良かったわけでもないので、順当といえば順当な負けだった。

負けた時のコメント。

twitter.com

打ち上げ兼クリスマスパーティのプレゼント購入のため銀座をうろついてました。なかなかダメージが大きくて知り合い3人が残っている決勝をほとんど見れませんでした。

2016年

今年は基本(データ)に忠実で精度の高い麻雀を打ちたいですね。放っておくとどんどん地のアナログだったり昭和だったりな選択をする回数が増えて、どんどん麻雀を難しくしてしまうので、意識的に。

なんでもやるというプレイスタイルはそのまま、基本はシンプルな判断基準で打ちたいです。

麻雀はしばらく打ってなくても牌効率がそう滅茶苦茶になるようなゲームではありませんが、まず他家の手出しツモ切りだったり所作だったりといった周りが見えなくなるので、ある程度は見えるくらいの頻度では打っていきたいですね。

具体的な目標としては3つ。

1.年間収支をプラスで終えること

2.RMUワンデーでスプリントファイナルに残ること

3.いい加減一度天鳳7段になること

リアル、競技、ネット。それぞれの分野でそれなりの成績を残したいものです。人権を獲得するため3を一番優先すべきな気がしますが、結局後回しになりそう。

*1:ぐにゃああ