読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔取ったポカリスエット柄

読んだ本の感想とか、日常の出来事や考え事を書いていくタイプのブログ。

ブログ作ったよ

スポンサーリンク

ブログを作成してから最初の記事を書こうとするまでの間に、一週間以上経ってしまった。

まあ、この程度の気楽さを以ってぼちぼち続けていきたいものです。

 

さて、なぜブログをはじめようと思ったのか。理由は3つ。

 

1 まとまった思考を吐きだす場所として

2 ブログが懐かしかった

 

ああ? 2つしかない? 君が数かぞえられないだけじゃないの?

 

前者について。

まとまった思考を文章化して吐きだすことを大学に入学して以降怠っている。

というのも、主に他者と交流する手段が私のなかでブログやmixiからtwitterskypeへと移行して、140字という制限があったりチャットという形式であったり、短文をやりとりするのに優れたツールばかり使ってたから。こういうものは当然ながら、まとまった文章を書くのには向いてない。以前twitterボーカロイドに関してまとまった量の文章を呟いたら「面白く読んでいるがブログかmixiでまとめてくれないか」と言われたりもして。 もちろんまとまった文章を書いていないと言っても、レポート作成したり、小説書いたりしたりはしてたから、全く文章を書かなかったわけではないんだけど、そういうのって別に思考を直接吐きだすためのものではないしね。

思考はまとめて文章化しておかないとすぐ雲散霧消してしまったり、結局喋りたいときにすぐ言語化できなかったりするので、まとめておこうという意味合いです。それに伴って、コンテンツ的にもどうこうしていきたいですね。

 

後者。

はじめてPCでネットに触れたのは小学生の低学年の頃でした。それから私の中で、ネットのメインはフラッシュや無料ゲームから掲示板へと移り、ブログを作って楽しんで、mixiに移行して、その後先述のツールでのコミュニケートに移っていったわけです。イメージ的には。

ブログを作って云々したのは中学生の中盤からで、今見てみたら最後の更新が2009年の10月。思ってたより最近まで更新されてた。とはいえ、最後の方はmixiで書いた日記をコピペして貼っていただけで、惰性ですらなかったような記憶があるので、実際はもう少し前にブログから離れていたようです。

最初の理由があったので何か書く場を作ろうとなって、mixiの日記を頻繁に更新するようになってもよかったんですが、じゃあ久しぶりにブログやるか、といった具合。 ブログブームは……もう数年前に、SNSの台頭と共に一度終わったようですが。mixiの衰退と同時にもう一回隆盛してたんですかね? よくわからないです。

 

 

そういうわけでブログをはじめたわけなんだけど、今は本当に作っただけという感じで、何をしようとかあんまり考えてないです。

せっかくだし先程ちらっと書いたようにそこそこコンテンツ的に面白いものを書いていきたいなあ。日記的なものであればtwitterで呟いていればいいし、mixiで内輪向きの文章を書いているのでもいいし。と言いつつ、この記事の文章は非常に無駄な言葉が多くて日記的だったりするわけですが。こういう付け足しの一文も含めてね。

ちょっと真面目な論考から思考の垂れ流し、あとは自分の興味ある分野に関して色々書いていくかな。あとは自分がまとめてあると便利だと思ったものをまとめておくとか。当面は各カテゴリ毎に読者を選ぶ記事ばかり書くことになりそう。

あと口調もイマイチ定まらない。ぐぬぬ。昔ブログ書いてた頃の感覚で書いてるんだけど、やはりそうすると日記色が濃くなってしまう。

最終的に対象とする読者の絞り込みをしていった方がおもしろいものになるのは当たり前なんですが、まあしばらく色々試してみることにしましょう。

というかそれ以前に、しばらく続くかなぁ……。